Blog Archives

3月 22nd, 2015

家事動線

家事を行う主婦にとって家事動線を意識した間取りにすることで、今までより格段に効率よく家事を行えるようになるのです。
家事をする中で行ったり来たりと無駄な動きが多いと家事へのストレスが溜まってしまうものです。家事をできるだけ時短でき、スムーズにストレスを感じることがなくなるような間取りを実現させたいものです。

普段の家事動線を考えると、まず一番重要なのがキッチンと洗面室の位置です。
この二か所はできるだけ動線短く行き来できるようにしておきたいものです。
キッチンの裏に洗面室を設ければ4.5歩で行き来ができます。

またキッチンと洗面室を横にすることで2.3歩で行き来できます。
私の親戚宅は洗面室を住宅の中央部分に設けていました。
キッチンからもリビングからも数歩で移動できるので家事動線だけでなく、生活動線へも配慮されていました。

またこの洗面室には扉が2か所設けられていて回遊型になっているため動線を考えると非常に暮らしやすい家なのです。
次に洗面室から洗濯物干し場の動線もしっかりと考えておきましょう。
濡れた洗濯物を移動する動線なのでなるべく短くしておきたいものです。

洗濯機のあるフロアと同フロアに洗濯物干し場があるといいのです。
二階のベランダに屋外用の洗濯物干し場を設ける家庭も多いです。
若いうちはいいのですが、高齢になってくるにつれ濡れた洗濯物を抱え階段を移動するのは体に負担がかかってしまいます。
洗面室に勝手口を設けてその先に洗濯物干し場を設けたり、リビングの先に設けたり洗濯機からより近い位置に設けておきましょう。

そして悪天候時でも洗濯物干し場に困らないように室内用の洗濯物干し場も設けておくことも忘れずにしておきたいものです。

10月 3rd, 2014

段差の上がり下り

住まいを新築する時、できるだけ、広く、開放的なLDKにしたいと考えますが、取得した土地の広さや形状によっては、なかなか難しいことでもあります。そこで、LDKの前に、ウッドデッキを作ったり、コートテラスを作ったりして、視覚的に広がりを持たせたりすることがあります。プライベートなアウトリビングではありますが、LDKと空間が繋がっていますので、外の明るさや開放感を室内に取り込むことができます。

私の友人が住まいを新築した土地は、交通アクセスを重要視したため、思っていたよりも狭くなってしまいました。それでも、できるだけ、広く、開放的なLDKにしたいと考え、LDKの前に、白いタイルで、コートテラスを作りました。LDKのすぐ前なので、空間的に広がりができました。コートテラス部分に白いタイルを採用しましたが、表通りからの視線を遮る目的で、壁も作りました。そこも、白いタイルにしたお陰で、太陽光が反射して、LDKがより明るくなりました。

ここで、高齢の母親も楽しみに、季節の草花を育て、彼女もバジルやタイムなどのハーブを育てていました。新築した当初は、母親も高齢ながら、足腰は丈夫でしたから、LDKからコートテラスへ下りていくことも、玄関アプローチへ繋がる階段を下りていくことも、全然問題なかったのです。しかし、数年前より変形性膝関節症で、段差の上がり下りの時に、かなり痛むようになりました。今、考えると、テラスコートではなく、ウッドデッキを作ればよかったと思っています。

LDKと段差をなくし、LDKやその隣の母親のプライベートルームから掃き出し窓を開けると、直接、出るようにしておけば、ストレスなく、大好きな季節の草花の世話をすることができたのにと思っています。いったん外へ出て、玄関から緩やかなスロープをつけて、コートテラスへ行くようにしましたが、少し距離があります。

9月 16th, 2014

バリアフリーとプライベートルーム

最近、住まいを新築する時、将来、高齢者になった時のことを想定して、バリアフリーが大きなテーマになっています。住まいの内装を綺麗にしたり、間仕切り壁を取り除いたりするリフォームは、案外、簡単にすることができます。しかし、住まいの段差をなくして、床をフラットにするということは、構造自体から考えていかなくてはいけません。工事も簡単なリフォームではすまなくなってしまいます。そこで、住まいを新築する時に、最初からバリアフリーにすることが大切です。

私の友人は住まいを新築した時、将来のことを考えて、可能な限り、バリアフリーにしてもらいました。まだ、高齢者という年齢ではありませんが、転勤の多かった彼女夫婦は、やっと、最後の赴任先で、娘さんたちが結婚して暮らしているこの街で、終の棲家を建てることにしたそうです。最初は、2階建の住まいを検討していましたが、比較的広い土地を購入することができましたので、平屋を建てることにしました。

LDKの一部には、段差なく、和の空間を設けていますが、普段はワンフロアにしています。娘さん達が来て、泊っていく時、引きこんでいる障子を閉めると、独立した部屋になります。玄関は、住まいの北西の角に設置し、そこから真っ直ぐに廊下を伸ばしました。その突き当たりに寝室とプライベートルームを作りました。万が一、身体が不自由になったり、介護が必要になったりしたときでも、バリアフリーで、動線がスムーズに行くならば、居住性が高くなります。プライベートルームから直接、LDKに行くことができますから、玄関への動線もLDKへの動線も最短で、真っ直ぐですから、移動するのにも、助かります。住まいの段差をなくすだけでなく、動線を整理することで、現在も高齢になっても、住みやすい住まいになっていきました。

8月 29th, 2014

開放感たっぷりのリビングに

リビングは住宅の中の中心地です。
ここは家族みんなが長時間過ごす場所なだけに居心地よく開放感たっぷりのリビングにしたいと思っています。
開放感を得るためには吹き抜けにするといいと思います。天井が高いだけで圧迫感を払拭でき開放感が生まれます。また大開口の窓を設けることで明るさをふんだんに取り入れることができます。

開放感を得るには明るさも一つのポイントです。また風通りの良さもリビングを快適にするには必要だと思います。明るく風通りのいいリビングはリラックスできること間違いありません。
このように開放感たっぷりのリビングにすると家族が自然と集まり時間を共に過ごすことが楽しくなることでしょう。リビングをスッキリさせることでインテリアを引き立たせることができます。リビングにニッチ棚を設けオシャレに雑貨を飾るとオシャレな空間に仕上がります。夜でもそのインテリアを楽しめるようにニッチ棚に照明を設けておくといいでしょう。

よりリビングに開放感を出すにはリビングに繋がるウッドデッキを設けてはどうでしょうか。ウッドデッキをリビングの延長のように使用すれば開放感を一層高められるでしょう。ホームパーティーの際にも大変重宝しそうです。
大切なのはリビングとウッドデッキの境をなくしフラット状態にしておくことです。一体感が高まるだけでなく移動もスムーズに行え何より安全です。リビングは家族と過ごす大事な場所です。
時には友人達ともこの空間を共有することもあります。開放感と快適さを追求した空間にしたいものです。

10月 23rd, 2010

間取り

どんな間取りにするのかを営業担当者と話をしてどんどん詰めていきました。

私の新築住宅への希望は今はやりの対面キッチンとリビング階段。

上の娘は「南向きの部屋」下の娘は「畳の部屋(和室)」そして旦那は「広いリビング」。

まずは一人ひとつづつの希望を出しました。

これを全部取り入れて、あとはどこまで希望がかなうのか。

予算とのにらみ合いでした。

こども部屋を二つと寝室と和室で4LDKの家にすることになりました。

私たちにはちょうど良い大きさです。

確かに大分の中古住宅を探せば4LDKなど低予算で希望条件を満たす物件はあるのだろうけど、

やはり自分の思い通りの間取りを願うのであれば新築の注文住宅が一番。

あれこれと希望を話し、メリットとデメリットを教えてもらって、考えながらどんどん間取りができてきました。

その中で、私が一番気になっていたのが明るさでした。

暗い家には住みたくない、明るい家にしたいというのが一番の希望でした。

そしてそれを一番に考えてくれたと彩光と彩風のよい間取りのプランが出来上がりました。

本当に私たち家族のことを考えてくれる担当者だったんだろうなと思います。

すべてが思い通りになったわけではありませんが、とても気に入った間取りプランで家造りをすることができるようになりました。

本当によかったと思っています。

プランを決めたらその次は色などを決めます。

どんなものがあるのか楽しみでした。

私は青い色が好きなのでモデルルームの青い屋根が気に入っていました。

あの屋根にしたい。

青い屋根にしたい。

今まで私のなかで青い色の屋根といえばペンキの色みたいなのでしたが、あの青い石はとてもステキだと思いました。無添加住宅のオリジナルの石屋根。

予算内に収めて今はわが家のてっぺんにいます。

Wordpress