12月 26th, 2012

古民家からイメージするもの

今から20年以上前に、沖縄本島を旅行しました。沖縄は、那覇などの都市部にはビルも多くありますが、基本的には、平屋の民家が多く建っています。印象に残ったのは、赤瓦屋根でシーサーが鎮座している古民家です。

説明を聞くと、この赤瓦を白漆喰で押さえていて、私の大好きな赤のギンガムチェックのような姿です。先日、訪れた倉敷の美観地区の蔵も漆喰ですが、南国に来ると、こんなにも明るく、素敵な屋根に一役かっています。漆喰は、素材としては素朴なものですが、とても、素敵な表情を見せます。それだけではなく、漆喰は、ゆっくり乾燥硬化していく過程で、耐久性が増し、堅牢になります。さらに、深い軒で、強い日差しと激しい雨が吹き込むこと防いでいます。気候の厳しさから人々の生活を守り、しのぎやすく、快適に暮らすことができるように工夫されています。

日本は南北に長い国なので、気候風土もかなり変化に富んだものになっています。寒さ暑さが厳しかったり、強風であったり、雨や雪がよく降ったりします。そういう環境からずっと人々の生活を守ってきたのは、いわゆる新建材ではありません。日本の国土が生んだ自然の建材です。日本は古来より、木や紙や土で住まいを作り、漆喰で堅牢にしました。もちろん、新建材が悪いというわけではありません。火事にも地震にも強くなり、気密性が増すことで、居住性が向上しましたし、防犯性も上がりました。しかし、各地の古民家を見学して、しばらく過ごしていると、自然を感じる住まいだと痛感します。風を感じ、淡い日差しを取り入れ、庭を部屋の一部としていく住まいです。日本人が愛した各地の古民家をめぐりながら、私は終の棲家をイメージしています。それが叶う夢かどうかわかりませんが、漆喰は魅力的な素材です。

5月 25th, 2011

漆喰の空気環境

漆喰の空気環境について驚くべき情報を得ました。

漆喰は空気清浄効果があるということは知っていたのですがなんとタバコのヤニまで分解してくれるのだそうです。

山形で注文住宅を建てている現場に先輩が見学に行きました。

そのときに聞いてきた話です。最近の喫煙者はかなり肩身が狭くタバコを吸えるところも限られています。

その会社も、喫煙室はあったのですが、なんと漆喰仕様の喫煙ルームがあったんだそうです。

その喫煙ルームに時計がかけてあったのですが、ちょうど電池が切れてしまったそうです。

その電池を換えるために壁から時計をはずすと・・・。

普通なら時計の形にヤニがついているところですがその形がまったく見当たらなかったというのです。

うそ~、とそこにいた誰もが先輩の話を疑いました。

先輩も信じられなかったけれど、その壁を見て「漆喰は本物だ」と思ったんだそうです。

信じるか信じないかは個人の自由だと思いますが、壁のあとが本当になかったんだとすると漆喰の空気清浄効果は思った以上にすごいものなのだということになります。

いろいろとすごい効果を持った漆喰ですが、今の健康住宅と呼ばれるものに好んで使用されることを考えるとその効果を使った人は知っているからこそのことだといえるでしょう。

化学物質を一切使わずに施工できる壁材として健康住宅に使用されることの多い漆喰ですが、やはり、それなりの効果があったということになるのでしょう。

ちなみに私はその話を信じました。なので人に話すときには「信じるか信じないかはあなた次第だけどね」という前置きをして話をするようにしています。

私も大分の土地に健康住宅を建てて暮らしたいです。

4月 30th, 2011

換気する?しない?

少し前の話になりますが、子供がB型インフルエンザで寝込みました。

39度を越す熱が3日も続いてかわいそうでしたがなんとか元気になりました。

その間、うつされるのは嫌だけれど、窓を開けて換気するとあまりの寒さにかわいそうになってしまうのでなかなか換気もできませんでした。

おまけに、締め切った部屋で看病していると私にもそのうちうつるだろうと医者に言われ、来年は予防接種をきちんとしようと誓った私なのでした。

子供の熱が下がり、学校にも行けるようになって数日後、私はいつ自分が発症するのかを心配していました。

でも、その後2ヶ月たちますが、私はインフルエンザを発症しませんでした。免疫があったわけでもないと思います。

その後、漆喰についての記述を読むと、漆喰の殺菌効果でインフルエンザのウィルスが2分ほどで98%死滅したと書かれてありました。

本当かなと目を疑いましたが、確かに最近起こったトリインフルエンザや口蹄疫など伝染する細菌性の病気の消毒には石灰が使われていました。

石灰と言っても消石灰と言って、グラウンドのライン引きに使われるものと同じものです。ということは手に入りやすく、扱いも簡単だといえると思います。

我が家の内壁は漆喰でできているのでその殺菌効果のおかげで私にはインフルエンザがうつらなかったと考えられます。驚きました。

おまけに空気清浄効果があるので、「寒くてかわいそう」という理由で窓を開けなかったことも功を奏したようです。

何気ないことではありましたが、結果として、子供には寒い思いをさせず、私はインフルエンザをうつされず、事なきを得たのでした・・・。

漆喰など健康にいいとされる材料を使う工務店は集客もできているそうです。

新潟で新築の注文住宅を建てて散る工務店ではやはり空気環境にこだわった家づくりをしていて、

家族が健康で過ごせるような住環境の工夫を提案しているそうです。

12月 1st, 2010

からだに良い材料

無添加住宅の家は化学物質を使わないというコンセプトで建てられています。

オリジナルの材料はすべて自社工場で管理をして、薬剤処理などはせずに高熱で処理した木材を輸入しています。

化学物質を多く含む接着剤を使わないようにするためにフローリングではなく無垢の床材を使いそこからでる化学物質も排除したのだそうです。

壁もクロスを貼るための接着剤を使わなくてもいいように、漆喰という天然素材が使われています。

この漆喰は昔のお城や土蔵に使われていた白い壁と同じものです。実はこの白さが明るさの秘訣なんですね。

お日様に反射して実にきれいで、明るくなります。漆喰にはいろいろな特徴があって、湿度の高いときには湿気を吸収し、湿度の低いときは湿気を放出するという調湿の効果があります。

そして驚くことに汚れた空気を吸ってきれいな空気にしてくれる空気清浄効果もあるということなのです。

これだけ高性能でおまけに接着剤を使わないから化学物質も出さないなんて、優れた天然素材にとても感動しました。

初めてモデルハウスを見に行ったときに感じた空気のよさはこの漆喰のおかげ。

実際にこの漆喰の壁と床材とを無添加住宅仕様のものに変えて建てるだけでも空気がとってもよくなるとモデルハウスに来るお客さんは知っているそうです。

きっと他の人も空気のよさがわかって、気に入って無添加住宅にしようと思ったのだと思います。

私もその仲間になれて本当によかったと思っています。

Wordpress