6月 21st, 2018

快適なバスタイム

浴室は一日の身体の汚れを落とす場所でもありますが、それだけでなく疲れを癒し、リラックスできる場所でもあります。女性にとっては美容や健康を維持するのにとても大切な場所にもなっているのです。最近は美容アップに効果的なミストサウナが人気です。細かいミスト水の粒子が肌や髪に浸透し、うるおいがアップするだけでなく、皮膚の汚れや皮脂を洗い流すことでお肌がすべすべになるのです。

ミストサウナは、40度前後の霧状の水が体を包み込む機能です。汗をかきにくい温度なのでゆっくりとお肌や髪のお手入れをするのに適しているのです。細かい水のため、お湯の熱が体に伝わりやすく、低い温度でも高い発汗作用が得られます。他にも、保温、リラックスなどの効果もあるのです。

超音波で作るマイクロミストサウナの水の粒は、ミクロン単位まで水の粒を小さくなっています。目に見えない小さなミストが充満したバスルームはドライサウナのように息苦しくありません。しかも濡れた感じがしないので発汗量がひとめで分かり、汗をかけば疲れた体をリフレッシュしてくれ心身ともに癒されるのです。

快適なバスタイムを送るには浴槽の形状もポイントの一つです。家族みんなで入れるスーパーワイドの大きな浴槽もありますし、半身浴用のステップ付きの浴槽もあります。今までは立方形の浴槽でしたが、今は寝そべりやすい浅型の浴槽が増えています。身体にフィットする曲線を使うなどのんびりとくつろぎながら入浴できる浴槽が増えています。快適な浴室を作り、汚れを落とすだけでなく癒されリラックスできる居心地のいい空間にしたいものです。

8月 20th, 2015

あったかい浴室

冬の寒い時期はお風呂に入るのが面倒と感じる人も多いのではないでしょうか。特に一番風呂は一層寒く家族で譲り合いのようになっていませんか?
冬でも寒くない温かいお風呂にすることで浴室の快適性も高まります。特に高齢者にとっては危険が潜んでいる場所でもあります。ヒートショックで命を落とす人も少なくありません。

このヒートショックとは、暖房の入った温かい部屋から急に寒いところに入ることで、急激に血圧が高くなりショック症状を起こすことを言います。浴室で高齢者の事故を防ぐためにも、浴室を寒くしないことが大切なのです。
まず床です。浴室に一歩足を踏み入れた時のヒヤッとした感触が一番風呂を避ける原因となっています。以前はタイル張りで床が冷たかったです。しかし最近のものは床の素材が即主なものになっているので、素足で踏んでもヒヤッとした感触が緩和されているのです。

また一番風呂でも浴室を暖かくするときに活躍してくれる浴室換気暖房乾燥機を設置するのもいいと思います。これは浴室を洗濯物の乾燥に利用する機能もありますが、浴室を温めてくれる機能もあります。この機能を使い、入浴前から浴室を温めておくことで一番風呂でも抵抗なく入れるのです。天井に取り付けるタイプが主流で見た目にも気にならないのも嬉しいです。

また浴室の快適性と大きく関わってくるのが浴槽です。床下の冷たい空気を遮断するとともに、浴槽全体を断熱材で覆い、お湯の温度が下がりにくくなっています。また断熱材が入ったフタを併用することでお湯の暖かさを持続することができます。冬でも早く入りたくなる浴室にしましょう。

Wordpress