12月 26th, 2012

古民家からイメージするもの

今から20年以上前に、沖縄本島を旅行しました。沖縄は、那覇などの都市部にはビルも多くありますが、基本的には、平屋の民家が多く建っています。印象に残ったのは、赤瓦屋根でシーサーが鎮座している古民家です。

説明を聞くと、この赤瓦を白漆喰で押さえていて、私の大好きな赤のギンガムチェックのような姿です。先日、訪れた倉敷の美観地区の蔵も漆喰ですが、南国に来ると、こんなにも明るく、素敵な屋根に一役かっています。漆喰は、素材としては素朴なものですが、とても、素敵な表情を見せます。それだけではなく、漆喰は、ゆっくり乾燥硬化していく過程で、耐久性が増し、堅牢になります。さらに、深い軒で、強い日差しと激しい雨が吹き込むこと防いでいます。気候の厳しさから人々の生活を守り、しのぎやすく、快適に暮らすことができるように工夫されています。

日本は南北に長い国なので、気候風土もかなり変化に富んだものになっています。寒さ暑さが厳しかったり、強風であったり、雨や雪がよく降ったりします。そういう環境からずっと人々の生活を守ってきたのは、いわゆる新建材ではありません。日本の国土が生んだ自然の建材です。日本は古来より、木や紙や土で住まいを作り、漆喰で堅牢にしました。もちろん、新建材が悪いというわけではありません。火事にも地震にも強くなり、気密性が増すことで、居住性が向上しましたし、防犯性も上がりました。しかし、各地の古民家を見学して、しばらく過ごしていると、自然を感じる住まいだと痛感します。風を感じ、淡い日差しを取り入れ、庭を部屋の一部としていく住まいです。日本人が愛した各地の古民家をめぐりながら、私は終の棲家をイメージしています。それが叶う夢かどうかわかりませんが、漆喰は魅力的な素材です。

6月 25th, 2012

とっておきのロケーション

 私の友人は結婚と同時に御主人の実家の隣で、念願のカントリーライフを始めました。村の中でも、少し高台にある彼女達の住まいは、夢にまで見たカントリーハウスでした。

中でも一番思い入れが深いのは、キッチンです。キッチンは、いわゆる市販のシステムキッチンではありません。パインの無垢材でつくったキッチンは天板には白のタイルを敷き詰め、ホーローのシンクを使ったものをオーダーしました。リビングダイニングに近い部分は天板にサワラの無垢板を使いました。ここは、彼女にとって、特別な場所で、パンやそばなどをこねたりします。

キッチンの前面は大きな窓になっていて、その窓の下まで、リビングからそのまま段差なく広がっています。晴れた休日や友人を招いた日などは、このウッドデッキで食事をします。窓を開けて、焼きたてのピザやパンを渡します。大皿に盛ったそれぞれの料理もどんどん手渡すことができます。

近所の人たちも玄関でなく、この窓から自分の牧場の乳牛から搾った牛乳を届けてくれたり、裏山で栽培している肉厚の椎茸を籠いっぱい持ってきてくれたりします。夕方になると、刻々と変化していく夕焼けを見ながら、夕食のクリームシチューをコトコト煮込んだり、肉じゃがを作ったりするそうです。

普通の住まいでは、キッチンは、どちらかというと、外の景色が見渡せるという環境にはなっていません。しかし、彼女のキッチンは、無垢のパインやサワラ、白いタイル、ホーローのシンクなどでオーダーされていて、カントリーな雰囲気ですが、このロケーションそのものも含めて、自然豊かです。

彼女はこのカントリーハウスで、心豊かなカントリーライフを満喫しています。

Wordpress