7月 12th, 2011

誰もが安心して住める家造り

漆喰がいいとオウムのように言ってしまう私なのですが、そもそも、健康住宅という概念はどこから来ているのでしょうか。

昔に返る家造りがその根底にあるように思います。

昔の家は今のように化学物質など存在せず、本当に木と土と草で作られていました。

柱や床は木、屋根は木や草、畳も草、そして壁は土。そんな中で石灰石から作られる漆喰は高級品だったのかもしれません。

見た目の真っ白さ、色からくる明るさ、土塀と違う高級感。

お城やお蔵に使われていたこともあり、もしかするとお金持ちのステータスだったのかもしれません。

昔はガラスもなく、窓は障子を貼っていました。

システムキッチンはなく、かまどでした。

扉は木を使い枠を組んで作られていました。

玄関は土間でした。時代劇で見るような家はもしかするとテレビ用にきれいに作られているだけで本当はもっと粗末なつくりだったかもしれません。

でも、そんなつくりでも今の住宅よりも耐久性があったようです。

建材の進歩によって簡単に美しい家を建てることができるようになりましたが、同時に出てきたシックハウス症候群や化学物質過敏症のような現代病。

それに対抗するために出てきた健康住宅。

そして健康住宅指向へと向かっていく人の心、を考えると時代は常に回っていると思わされます。

先日お会いした滋賀のリフォーム会社の方も、最近では自然素材や無添加素材を使ったリフォームについてお問い合わせも増えてきていると言っていました。

大分の中古マンションをリフォームした友人も漆喰を使ったそうです。

ですが、便利になった反面で病気になっては困りモノです。

一生一度の家造りで健康被害を受けないために材料を吟味したいものですね。

7月 9th, 2010

家に対する希望

家造りを始めようと決めてからどんなお家に住みたいか家族で話し合いをたくさんしました。

子供達が成長してからの家造りなので全員参加で家造りをすることができました。

こどもたち一人ひとりのこだわりもあってまとまらなかったりもしましたが楽しく話し合うことができて良い時間でした。

でも、私の中にはなんとなくもうこんな家という思いがありました。

どんな家に住みたいと思ったかというと、それは健康住宅。

今の世に増えているシックハウス症候群の原因となる化学物質のない家に住みたい。

それだけは譲れないと思っていました。

ある日、近くにできたホームセンターに家族と買い物に行ったときのこと。

広くて大きなお店でいろいろなものが安くてあれもこれもと見ながら楽しんでいました。

楽しくてこどもたちとはしゃぎながら店内を回っていましたがそのうちに上の娘が「おなかが痛い」と言いだしました。

しばらく待っても痛みは治まらず、その日はそのまま家へと帰ったのでした。

しばらくすると娘は元気になり、なんだか狐につままれたみたいだねという話になりました。

でも、そんなことが数回あり、もしかして、これはシックハウス症候群では?という疑惑が持ち上がりました。

もしもそうだったらどうしよう、ととても不安でしたが、お医者さんへ行くほどのことではないだろうとおもって、そのときは終わりました。

そして、建てるならやっぱり健康住宅にしたいよね、ということになりその方向で話を進めることになりました。気付いたのが早く。

家を建てる前だったのでよかったと思います。

もしも大分で不動産物件を買ったり、注文住宅を建ててしまったあとだったら、すごい後悔が残ったと思います。

そしてそのあと、私は健康住宅を研究しそれを建てることを目標にすることにしました。

6月 13th, 2010

幸せの入れ物

娘たちが休みの日、家族がみんなそろって休める日、家を新築してよかったなあと思います。

新築を大分で建ててたとき、私は36歳。

子供たちは小学生と中学生でした。

周りの人から見ると少々遅かったかなという気もしますが、自己資金を貯めて借入は必要最小限にとどめることができたのでよかったと思います。

気に入った土地が見つからなかったせいもありますが、建物にもこだわりたかったのでそれもあったのかもしれません。家というのは幸せのいれものだと思います。

一生懸命建てた家の中にたくさんたくさん思い出が詰まっていく。

その思い出は幸せなまま家の中に詰まっていく。

そして、あふれそうであふれないでどんどんどんどん増えていくんではなかろうか、と私は思っています。

だからというわけではないのですが、やっぱり家は幸せの入れ物=器であろうと思うのです。

こども達が小さかったときに大分で注文住宅を建てることができればもっともっと思い出をつめることができたのに、と思うと残念な気もしますが、いろいろなことがうまくかみ合って今回の家造りは成功したのだろうと思います。

今から新築の住宅を考えている人はこどもの年齢も考えてみるといいかもしれません。

小学校に上がる前という方が多いとも聞きます。小学生のお子さんがいる方は転校させたくないとよく言いますが、こどもは順応性があるので大丈夫だと思います。

どんなときでも、その家族に合った一番いい建て時があると思います。

そのときを逃さないでください。

Wordpress