1月 18th, 2013

セルロースファイバー

 天然素材にこだわることは住む人の身体に優しい住宅として、また地球環境にも優しいということです。

 次世代の住宅として考えるべきことは、健康に気遣いながら長生きするのと同じように、丈夫で長く快適に過ごすことのできる住宅であるべきなのです。

 自然エネルギーを自給自足するシステムを導入した省エネ住宅や、自然素材を使って造られた健康住宅が代表される住宅のかたちです。

 それに加えて気密性を高めながらも空気の流れを滞らせないという考えも次世代の住宅としてあるべきスタイルと考えます。

 気密性でいえば、断熱材ですね。従来ひんぱんに利用されてきたグラスウールやロックウールに比べて健康被害のない安全素材として、最近注目されるようになってきたのが『セルロースファイバー』という断熱材です。

 セルロースパイバーの材料はパルプです。パルプは元は木材です。呼吸する素材ということですね。空気の層をたくさん持つことで気密性が高くなっているわけです。施工方法は専用の器具を使って吹き付け作業でおこなう為、成形したものを張り合わせていく方法以上に隙間なく埋めることができるのも利点になります。

 気密性と防カビ効果も兼ね備えているので、湿気によるカビ発生で室内の空気を汚しアレルギーを引き起こすことがないのも健康に対して配慮された素材といえますね。

 まだグラスウールやロックウールに比べると価格の面で優しくない点はぬぐえませんが、アメリカでは断熱材としてすでにいちばん利用されていることから考えて、これから日本でもシェアが拡大していくことでしょう。価格もそのうち安定してくるのではないかと思います。

1月 13th, 2011

注文住宅のメリット

私が家を建てたと聞いて、こられから家を建てようとしている友人が見学を兼ねて遊びに来るようになりました。

モデルハウスや展示場に行くよりも気軽だということで。

たしかに住宅会社や工務店は集客のためにアンケートだったリあれやこれや営業されるというのが面倒なのはよくわかる。

うちを見るとみんな普通の家とはちょっと違うので驚きますが、中に入って空気のよさをほめてくれます。

おまけに無垢の床材はとても感触がいいのでこれを気に入ったという人もいます。

漆喰の壁と無垢の床のコンビは最強だと私は思っているのでほめてくれるとどんどん勧めてしまいます。

実際に佐賀で住宅を建てようとしていた友達が私の家を見て無垢の床を使ってくれる工務店を探すことにしたと連絡をくれました。

実際に見てみるととてもイメージが湧いてよかったと言ってくれました。

本物の無垢を使って本当にしっかりとした施工をしてくれる工務店にめぐり合ってくれることを祈ります。

こうして、私の家を参考にして家造りをしてくれる人が出てくるとうれしいし、友人の家が建つのも楽しみになります。健康住宅を建てるということは自分の家族のためだったけれど、他の人の参考にもなるのだと思うといいものを造って本当によかったと思います。

注文住宅を建てると、間取りも自由になるわけですが、希望の材料なども使えばよりよいものが出来上がるでしょう。

そして注文住宅にしたことを本当によかったと思えるのではないかと思います。

私はたまたまいい工務店に出会ったけれど、なかなか見つからずに工務店を探し回っている人にとってはどんな注文住宅にしたいのかを明確にするだけでも前に進むことができるきっかけになるのではないかと思います。

自己満足かもしれませんが。どう思いますか?

11月 19th, 2010

無垢の床

室内の床材にはバーチ(樺)の無垢材を使いました。

無垢材に関しては埼玉で注文住宅を建てた友人からもすすめられています。

他にもインドネシア松やナラもあったのですが、これが気に入ったので決めました。

もうひとつ、シンゴンというマメ科の植物の床材もありました。

この、シンゴンは一番化学物質を出さないといわれています。

無垢の床材から化学物質?と思ったら、杉やヒノキなどから出るいわゆる「木の香り」は木から出ている化学物質です。

化学物質過敏症の人はみんながいい香りと言っている木の香りでも、具合が悪くなってしまうそうです。

花の香りでも、反応が出る人もいるそうです。

シンゴンはこの化学物質を一番出さない材料なのだそうです。

化学物質過敏症の人の家造りにはこのシンゴンがお勧めと言われましたが、とてもやわらかい木で傷がつきやすいと聞いてやめました。

風合いはとても気に入ったのですが。

傷がついたら水をかけるとある程度は元に戻るそうですが、勇気がなく、気に入ったほうのバーチにしました。

無垢の床材はだんだんと色が変わって繰るそうです。

それを経年美化と呼んで、決して劣化ではないんだと教えてもらいました。

ワックスも何もかけずに本当に無垢の材料なので、これからいろいろな顔を見せてくれるそうです。

楽しみ!注意することは床鳴りをすること。

材料が呼吸をしているので伸び縮みがあって、継ぎ目のところからギーとかパキとか音がします。

でも、これも無垢の特徴なので楽しんだらいいと思います。

実際にぎっ!と音がしたら、お?と思ってもう一回踏んでみます。

そうするともう音がしません。

「生きている証拠」だとおもっていますが、こんな事でも楽しめるって嬉しいなと思います!

自然素材の家造りっていいと思いませんか?

9月 27th, 2010

健康住宅を建てるということ

親として子供にして上げなければならないこと、してあげたいこと、様々ありますが、できるだけ生活する上での良い環境を与えてあげることも親の責任だと思います。

勉強するも、生活も、健康も、すべてが兼ね備えられた環境を与えてあげられたらいいと思っています。

その中で一番与えてあげたいのが健康を保てる環境だと思います。

これから数千万円かをかけて大分の注文住宅で建てようと思っているのに、せっかく建てたその家で家族が体調を崩し、みんなを苦しめるようでは何にもなりません。

いろいろな本や、資料を読みましたがシックハウス症候群で苦しむ人の多くは家を建てたことで発症して、周りの人には理解をしてもらえずに苦しんでいます。

見せてもらったVTRの実際の映像の中で芝居なのか現実なのか区別がつかないようなシックハウス症候群の現状(倒れたり、意識がなくなってしまったりする映)を見ました。

お母さんと娘さんがシックハウス症候群よりも重症の化学物質過敏症という病気にかかってしまい、新築した家に住むことができず、自宅にはお父さんがひとりで住んでいるという家族の話でした。

せっかく家を建てたのに家を建てたことによって家族が一緒に住めなくなってしまったなんて悲しすぎる。

そしてお母さんまで同じ症状で苦しんでいるということは、体質が遺伝してしまったのでしょう。

シックハウス症候群という病気のせいで元気なお父さんも含めた家族の全員が、苦しんでしまうなんて、本当に辛い話です。

そう考えると私たちの家族は建てる前に大分で健康住宅に出会えたのだから。

近くにホームセンターができたこと、無添加住宅を知ることができたこと、近くにモデルルームと代理店があったこと。

私たちの家族にはこんな事がタイミングよく起ったのです。運がよかったと思います。

この家に住んで家族で幸せになろうと思っています。

Wordpress