1月 17th, 2018

キッチンの前に腰壁

我が家は、リビングに向かってI型のキッチンを設けています。キッチンの前には腰壁を設けました。腰壁がなくキッチンからフラットにカウンターが伸びたフルオープンキッチンが最近では一番人気ですが、そのキッチンのデメリットに抵抗を感じフルオープンキッチンを止めました。

そのデメリットとは、手元部分が丸見えであることです。きれいに片付いている時は見せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の乱雑になっているキッチンがリビングやダイニングから丸見えになってしまうのです。特に来客時には見た目にいいものではありません。

そこでキッチンの前に腰壁を設けたのです。リビングやダイニングとの一体感は損なわないように、使い勝手の良くない吊り戸棚を設けず、コンロ部分は壁にするのではなく、耐熱用のガラス張りにしたのです。このようにしたことで腰壁を設けてもリビングやダイニングとの一体感をしっかりと保つことができるのです。腰壁を設けたことで気になる手元部分をしっかりと隠すことができます。

今人気のフルオープンキッチンは、きれいにキッチンが片付いている時は見せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後の乱雑になっているキッチンもリビングやダイニングから丸見えになってしまいます。見た目にいいものではありませんし、お客様の対応もしにくくなります。腰壁を設けたことでしっかりと手元部分を隠せ、急なお客様にもスムーズに対応できるのです。

またこの腰壁を設けて二か所ニッチを設けることができました。一つ目は、キッチン側に設けた調味料入れのニッチです。今までは作業スペースに並べていた調味料をこのニッチ内に収めるようにしたことで、作業スペースを広々と確保でき調理がしやすくなりました。そして、ダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。ダイニングテーブルに新聞や雑誌などが散らかりやすいですが、これらをサッとこのニッチに整理できるので助かっています。キッチンの前に腰壁を設けるスタイルはおススメです。

12月 24th, 2015

食器棚

キッチンに欠かすことのできないものの一つが食器棚です。我が家はこの食器棚を空間にピッタリの造り付けにしたのです。床から天井近くにまで広がる食器棚は、収納力抜群です。この食器棚はスライド式のドアが三枚分の広さがあります。横にも縦にも広さがあるのでキッチンで必要なものをここに一か所で管理できるのです。

まず一面はキッチンパントリーとして利用しています。ここには乾物やレトルト食品、お菓子にお米など食品を大容量に備蓄しています。食材だけでなく、ゴミ袋やキッチンペーパーなどのキッチン用品のストックもしまっています。食器棚と別にパントリーを設ける家庭も多いですが、食器棚にパントリーとしての機能も持たせることで、家事の効率も高まっています。必要な物がサッと取り出せ、調理で活かせるので非常に便利です。

そして隣には一面に食器を並べています。普段使いする食器から、お客様用の食器、またお弁当箱やタッパーまで一面に食器が収納されているので、気分に合わせてお皿選びがしやすくなっています。そして隣にはキッチン家電を収納しています。日々使用する炊飯器や電子レンジはもちろんのこと、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなど使用頻度の低い家電までしっかりと収納できます。下部にはダストボックスも収納できています。

キッチンを使用しない時や来客時にはすりガラスの扉で全てを隠して収納できるため生活感を感じさせるアイテムを全て目に入れないで済むのでスッキリとしたキッチンが広がるのです。収納力に優れており、必要な物が一か所で管理でき、尚且つ全てを隠せる食器棚に私は大変満足しています。キッチンは女の城とも言われているだけに、女性にとって居心地のいい空間が広がるようにしましょう。

Wordpress