3月 9th, 2017

ビルトインガレージ

我々の暮らしに車の存在はなくてはならないものです。大事な車を安心して管理できるように家造りをする際は、駐車スペースにもしっかり目を向けなければなりません。庭などにカーポートを設ける家庭も多いですが、車をしっかりと守るのであればビルトインガレージが最適なのです。

カーポートとは異なり、車をスッポリと壁面で多いため、雨や雪、風、夏の強い紫外線などからしっかりと守ることができます。また、車上荒らしなど車へのいたずらなどのトラブルも多いですが、これらに巻き込まれづらいということもあげられます。外部に車をさらすことがないため、車を安全に管理するには一番いいと思います。

私の父が車とバイクが大好きで、もちろんビルトインガレージを設けています。車好きの人にとっては一番安心できるガレージと言えるでしょう。このガレージから居住スペースへと直接出入りできるように設計しておくと便利さが増します。駐車してわざわざ玄関に回り込んで動線が長くなることもないですし、車と家の距離を縮めてくれます。買い物からの帰宅時は荷物が多いですが、車からそれらの荷物を室内へ搬入しやすいです。天候に左右されることなく、人の移動がスムーズに行え、荷物の搬入・搬出がしやすいので生活面において大きなメリットではないでしょうか。

広さに余裕があれば、駐輪スペースや屋外用の物置スペースも確保しておくとより便利で使い勝手のいいガレージとなります。家造りの際にはしっかり車の保管場所についても計画を行いましょう。

11月 4th, 2015

インナーガレージ

私の主人はガレージを設けるならインナーガレージがいい常に話していました。インナーガレージは車を安心して保管しておくことができます。夏の強い日差しを直接受けることで車の劣化に繋がります。また風やホコリが舞うことで車に小さなキズがつくことがあります。また車上荒らしなど物騒な事件が後を絶たない中、車を安心して管理できる場所というのはしっかりと確保しておきたいものです。車も簡単に買い替えたりすることができないものであるだけにその管理の方法が大切となってくるのです。

そこでインナーガレージは大変有効的なのです。また車の安全性を確保できるだけでなく、車と住宅を繋いでくれるのです。ガレージから室内へ行き来できるようにしておくことで、天候に左右されることなく、車の乗り降りが行えます。玄関からカーポートまでそんなに距離がなくても、強い雨など悪天候時には濡れて不快感が増してしまいます。インナーガレージであれば、雨でも濡れることなく車の乗り降りができるので不快な思いをすることはありません。

また買い物からの帰宅時は荷物が多いです。これらの荷物を室内へ運ぶのもこのインナーガレージであれば負担なくスムーズに荷物を搬入できるのです。車を安全に管理できるだけでなく、我々の暮らしを豊かにしてくれるインナーガレージには魅力がたくさんあるのです。家造りをする上で、駐車スペースをどこに設けるか、インナーガレージを取り入れるかどうかしっかり考える必要があると思います。

Wordpress