5月 2nd, 2018

子どもの居場所

我が家はLDKの一角に子どもの居場所となるキッズスペースを設けました。広さに限りのある空間ですが、子ども達にとって自分の居場所があることでとても居心地がいいようです。

キッズスペースを設けることでリビングがより落ち着いてくつろげる空間にもなっています。小さい子どものいる家庭では、リビングの床におもちゃが広がることがよくあります。その光景を見ると親はつい片付けなさい!と怒ってしまいがちです。これなら子どもも思い切りおもちゃを広げて遊べませんし、リビングの快適性も損なわれてしまうのです。キッズスペースを設けることでこの悩みを解消できました。子ども達はここで思い切りおもちゃを広げて遊ぶことができます。

リビングとキッズスペースの境には程よい高さの腰壁で空間を緩やかに区切りました。リビングで過ごす家族の気配を感じながらも気になる視線はしっかりと遮ることができるので、居心地の良さも高まります。リビングにおもちゃが散らかりにくくなるためリビングの快適性も維持しやすいのです。しかし、キッチンで家事をするママからの目線はしっかりと届くようにしました。これなら家事をしながら子どもの様子をしっかりと確認できるため、安心して家事を進められます。

子ども達が成長すれば遊ぶだけのスペースではなく、スタディーコーナーとしても利用させたいと思い、カウンターを造り付けました。リビングのテレビの音やリビングからの視線を気にしなくて済むので勉強への集中力も高いのです。分からない所があればキッチンにいるママと会話をしながら勉強を進められるのも子どもにとっては安心できるのです。子どもにとっての居場所もしっかりと設けてあげましょう。

Comments are closed.

Wordpress