3月 13th, 2018

洗面室

洗面室は、洗面・脱衣・洗濯と家族みんなが多目的にこの空間を利用します。家造りを行うほとんどの人がリビング・ダイニングを重視すると思いますが、それと同じくらい重要な空間だと考えていいと思います。朝の身支度を行う際、洗面室が混み合うことがありませんか。特に女の子が多い家庭では身支度に時間がかかり、自分のいいタイミングで身支度を行うことができないという不満を抱えている家庭も多いと思います。

そこで広々洗面室を設け、大きな洗面化粧台を設けるのです。大きな鏡張りにダブルボウルの洗面台があれば、家族が2、3人並んで同時に歯磨きをしたりと身支度を進めていくことができます。朝のバタバタの解消に繋がることでしょう。

多目的に使用されるこの空間は物が氾濫してしまう場所でもあります。広さに余裕を持って収納スペースを設けておきたいものです。そこで壁一面を利用して洗面クローゼットを設ける家庭も多いです。シャンプーなどのストック、浴室掃除用具、タオル類や家族の下着やパジャマなどもここに整理します。他には洗濯用洗剤など洗濯関連用品などを一か所で管理できる収納スペースがあると便利です。

最近では、洗面室を家事スペースとして利用させることも増えています。天井に室内干しを設けて洗う→干すという作業を移動することなく行えるようにしておくことで家事の効率化が図れます。勝手口を設けて外との繋がりを持たせ、ここに屋外用の洗濯物干し場を設けます。屋外用と室内用の洗濯物干し場が近くに設けられているので、洗濯物の移動もスムーズに行えます。家事の効率にも大きく影響する洗面室は特に重要な空間だと考える必要がありそうです。

Comments are closed.

Wordpress