11月 16th, 2017

キッチンのシンプル収納

シンク廻り
調理器具や調味料などをガステーブルの周りにおくと、調理には便利ですが、時間が立つにつれ、はねた油や埃が付着してしまいます。
そこで、水廻りでよく使う調理器具は、シンクの前の壁に掛けて、出しっぱなし収納にしてみましょう。メッシュパネルを壁につけ、それにポールやフックを取り付けて、ザルやボール、ピーラー、おろしがね、茶漉し、漉し器、粉ふるい、キッチン鋏、計量カップなどを、ぶら下げ収納します。

目の前にあるので動線もシンプルになり、調理器具を洗った後は、完璧に拭き取らなくても、掛けておくだけで乾くので、効率のよい収納方法です。
調理台の前の壁には、同じようにメッシュパネルをつけ、小さなラックをかけて、調味料やスパイスを入れておいても便利です。

ガステーブル廻り
水廻りと同じように、ガステーブルの廻りも、お玉やフライ返し、トングなど調理中に使う道具や小さな鍋などを、出しっぱなしのぶら下げ収納にしてみましょう。ただし、レンジフードにぶら下げるツールが良くありますが、油や蒸気の排気で汚れるのではと思えます。

ガステーブルの横に冷蔵庫があることは多いですが、冷蔵庫の側面に吊るすのはどうでしょうか。磁石で取り付けるタオルハンガーなどにフックを掛けて、調理器具を吊るします。
ガステーブルとシンクの間に調理台があり、前に壁があれば、そこも利用できます。油も跳びちりにくく、両側から取りやすいので便利な場所です。

動線を考えた収納は、時短で楽な家事になり、シンプルな動きも、シンプルライフには必要なことです。

Comments are closed.

Wordpress