4月 24th, 2017

外構

外構でまず注目するのが、建物との調和ではないでしょうか。建物とのバランスを考え、色調や素材が建物の外装と合っているかということに注目します。そうすると住宅全体の統一感が高まり一層住宅の印象も良くなります。建物とのバランスと併せて街並みとのバランにまで注目することで、近隣住宅と馴染み違和感を感じさせないのです。

外構の中でも玄関の門まわりは、門扉、ポスト、表札、インターホンなど機能が詰まった場所であることにも注目しましょう。デザイン性に配慮すると同時に機能性にも目を向ける必要があると思います。

例えば、門扉です。大きな荷物がある時でもスムーズに行き来ができる広さがあるといいですし、自転車と通る時でも行き来のしやすさが高まります。これなら車イスが行き来する際も不便さを感じることもありません。ポストにおいては、雨に濡れずに郵便物を取り出せるほうがいいでしょう。また設置位置においても郵便物が取り出しやすい高さにしておくことで体に負担がかかりません。インターホンは、来客者の顔がしっかりと写る高さに設置しておかなければ意味がありません。

外構は防犯性にも注目しましょう。庭で安心して子ども達を遊ばせたいですし、バーベキューなどをして過ごすこともあるのでしっかりとプライバシーを確保しておきたいものです。気になる視線を緩やかにカットしながらも、人が行き来した際の気配を感じられるようなフェンスや壁を設けておきましょう。死角を作ってしまっては侵入者が潜みやすくなり安全性に欠けます。見通しを確保することも重要なのです。そして、夜に暗くなりやすいカーポート部分や裏の勝手口にはセンサーライトを設置しておくことで防犯性を高められます。デザイン性や機能性、防犯性に注目して外構工事を行いましょう。

Comments are closed.

Wordpress