Archive for 9月, 2018

9月 30th, 2018

いつもきれいな家の共通点

広々と見せるためには平面の存在が欠かせません。

★色
白をはじめとした淡色、あるいは青系の寒色は空間を広く見せる効果があると言われています。特に、壁紙やカーペットなどの、広い面積を占める部分には、白やクリーム色、淡いグレーなどが良いです。外に出ている物の色数はできるだけおさえ、基本の2~3色に収めます。

★家具
家具はできるだけ少なく、できるだけ低くして、座ったとき視線をさえぎらない程度の高さがおすすめです。いくつかの家具を並べて置くときは、背後の床面積を犠牲にしても、前面は揃えると広く見えます。高さが揃わないときは、入り口から順に低くしていきます。ソファは背景と同系色で、脚があれば、その下の床を見せることができます。

★カーペット・カーテン
ラグマットを敷くと、床の面積が切り取られて見えるので、敷くなら敷き詰めのカーペットが良いでしょう。カーテンは、腰高や履き出しの窓にも天井から床までいっぱいに吊ると天井が高く見えます。壁と同色の無地がまとめやすいのですが、壁の色を取り入れた縦ストライプのものは縦の線が強調されて効果的です。間口が狭い窓は、ブラインドやロールスクリーン、ローマンシェードも向いています。壁紙が変えられなければ、天井から床まで白系のロールスクリーンや布を垂らすという方法もあります。

★小物
見えている物の材質と色は、揃っていた方が広く見えます。クッションや額などの布地や色、フレームの材質などを揃えると統一感がでます。
その他、薄暗い玄関や窓の小さな部屋に大きな鏡を掛けて光を増幅させたり、照明は存在感のないガラス・アクリル製の透けるシェードの小さなものを選んだりすると、広く見えます。迷ったら、白系、無地、透明にしましょう。

9月 24th, 2018

子どもが勉強する場所

リビング学習は子どもの学力を向上すると言われています。二階に設けた子ども部屋で一人こもって勉強をするよりも、リビングやダイニングで生活音に囲まれながら、近くにいる親と会話をしながら勉強をするリビング学習の方が多いですし、学力も向上するため、最近では高額な学習机を購入するよりもリビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける方が増えています。

我が家にはダイニングの窓際にこのスタディーコーナーを設けました。窓から明るい日差しを取り込みながら勉強しやすく、横幅のあるカウンターを設けたので子ども達が二人並んで同時に勉強することもできます。夕飯の支度をしながら子ども達が勉強している姿を確認できるので安心できますし、宿題のチェックなど同時進行で行えることで家事と育児の両立もしやすいのです。親子で並んで勉強をしたり、子どもが勉強している横で私がパソコンを使用することもあります。単に勉強する場所にするのではなく、親子のコミュニケーションの場の一つにもなっているのです。

カウンターの下には可動オープン棚を設け、ノートパソコンやプリンター、子ども達のランドセルなどを収納できるようにしています。カウンター上部には扉付きキャビネットを設けているためここには勉強道具や書類、説明書などを整理することができています。夜でも勉強やパソコンができるようにキャビネットの下部には照明を設けていますし、カウンター上部には2ヶ所コンセントを設けています。子どもが利用しなくなった後でも、パソコンスペースや家事スペースなど幅広く使用できるようにもなっているのでいろいろなシーンで活躍しそうです。

Wordpress