Archive for 3月, 2015

3月 22nd, 2015

家事動線

家事を行う主婦にとって家事動線を意識した間取りにすることで、今までより格段に効率よく家事を行えるようになるのです。
家事をする中で行ったり来たりと無駄な動きが多いと家事へのストレスが溜まってしまうものです。家事をできるだけ時短でき、スムーズにストレスを感じることがなくなるような間取りを実現させたいものです。

普段の家事動線を考えると、まず一番重要なのがキッチンと洗面室の位置です。
この二か所はできるだけ動線短く行き来できるようにしておきたいものです。
キッチンの裏に洗面室を設ければ4.5歩で行き来ができます。

またキッチンと洗面室を横にすることで2.3歩で行き来できます。
私の親戚宅は洗面室を住宅の中央部分に設けていました。
キッチンからもリビングからも数歩で移動できるので家事動線だけでなく、生活動線へも配慮されていました。

またこの洗面室には扉が2か所設けられていて回遊型になっているため動線を考えると非常に暮らしやすい家なのです。
次に洗面室から洗濯物干し場の動線もしっかりと考えておきましょう。
濡れた洗濯物を移動する動線なのでなるべく短くしておきたいものです。

洗濯機のあるフロアと同フロアに洗濯物干し場があるといいのです。
二階のベランダに屋外用の洗濯物干し場を設ける家庭も多いです。
若いうちはいいのですが、高齢になってくるにつれ濡れた洗濯物を抱え階段を移動するのは体に負担がかかってしまいます。
洗面室に勝手口を設けてその先に洗濯物干し場を設けたり、リビングの先に設けたり洗濯機からより近い位置に設けておきましょう。

そして悪天候時でも洗濯物干し場に困らないように室内用の洗濯物干し場も設けておくことも忘れずにしておきたいものです。

Wordpress