Archive for 10月, 2014

10月 3rd, 2014

段差の上がり下り

住まいを新築する時、できるだけ、広く、開放的なLDKにしたいと考えますが、取得した土地の広さや形状によっては、なかなか難しいことでもあります。そこで、LDKの前に、ウッドデッキを作ったり、コートテラスを作ったりして、視覚的に広がりを持たせたりすることがあります。プライベートなアウトリビングではありますが、LDKと空間が繋がっていますので、外の明るさや開放感を室内に取り込むことができます。

私の友人が住まいを新築した土地は、交通アクセスを重要視したため、思っていたよりも狭くなってしまいました。それでも、できるだけ、広く、開放的なLDKにしたいと考え、LDKの前に、白いタイルで、コートテラスを作りました。LDKのすぐ前なので、空間的に広がりができました。コートテラス部分に白いタイルを採用しましたが、表通りからの視線を遮る目的で、壁も作りました。そこも、白いタイルにしたお陰で、太陽光が反射して、LDKがより明るくなりました。

ここで、高齢の母親も楽しみに、季節の草花を育て、彼女もバジルやタイムなどのハーブを育てていました。新築した当初は、母親も高齢ながら、足腰は丈夫でしたから、LDKからコートテラスへ下りていくことも、玄関アプローチへ繋がる階段を下りていくことも、全然問題なかったのです。しかし、数年前より変形性膝関節症で、段差の上がり下りの時に、かなり痛むようになりました。今、考えると、テラスコートではなく、ウッドデッキを作ればよかったと思っています。

LDKと段差をなくし、LDKやその隣の母親のプライベートルームから掃き出し窓を開けると、直接、出るようにしておけば、ストレスなく、大好きな季節の草花の世話をすることができたのにと思っています。いったん外へ出て、玄関から緩やかなスロープをつけて、コートテラスへ行くようにしましたが、少し距離があります。

Wordpress