Archive for 9月, 2014

9月 16th, 2014

バリアフリーとプライベートルーム

最近、住まいを新築する時、将来、高齢者になった時のことを想定して、バリアフリーが大きなテーマになっています。住まいの内装を綺麗にしたり、間仕切り壁を取り除いたりするリフォームは、案外、簡単にすることができます。しかし、住まいの段差をなくして、床をフラットにするということは、構造自体から考えていかなくてはいけません。工事も簡単なリフォームではすまなくなってしまいます。そこで、住まいを新築する時に、最初からバリアフリーにすることが大切です。

私の友人は住まいを新築した時、将来のことを考えて、可能な限り、バリアフリーにしてもらいました。まだ、高齢者という年齢ではありませんが、転勤の多かった彼女夫婦は、やっと、最後の赴任先で、娘さんたちが結婚して暮らしているこの街で、終の棲家を建てることにしたそうです。最初は、2階建の住まいを検討していましたが、比較的広い土地を購入することができましたので、平屋を建てることにしました。

LDKの一部には、段差なく、和の空間を設けていますが、普段はワンフロアにしています。娘さん達が来て、泊っていく時、引きこんでいる障子を閉めると、独立した部屋になります。玄関は、住まいの北西の角に設置し、そこから真っ直ぐに廊下を伸ばしました。その突き当たりに寝室とプライベートルームを作りました。万が一、身体が不自由になったり、介護が必要になったりしたときでも、バリアフリーで、動線がスムーズに行くならば、居住性が高くなります。プライベートルームから直接、LDKに行くことができますから、玄関への動線もLDKへの動線も最短で、真っ直ぐですから、移動するのにも、助かります。住まいの段差をなくすだけでなく、動線を整理することで、現在も高齢になっても、住みやすい住まいになっていきました。

Wordpress