Archive for 2月, 2011

2月 27th, 2011

結露のない暮らし

賃貸住宅に住んでいた頃は結露に悩まされていました。

なぜ結露をするのかというと室内と室外の温度差からだというのが一番の原因かと思います。

おまけに寒い時期は室内で暖房機もつけるのでそこでも結露が発生しやすい状況ができてしまいます。

でも、この家に住むようになってから結露がなくなりました。

それは単にガラスがシングルからペアガラスになったこともあると思いますが、やっぱり調湿効果のある漆喰の影響は大きいと思います。

暖房によって暖められた空気中の結露の元となる湿度を漆喰が上手に調整してくれているのです。

実際には石油ファンヒーターで燃焼された灯油は燃やした分だけ結露の元になります。

加湿器も同じこと。蒸気として出てきた水分は同じ分だけ結露の元になります。

私の家で言うとかなりの量が結露の元となりそうですが、ガラスはまったく結露しない状態が続いています。

でもこれも、絶対ではなく、飽和状態になると結露することになります。

でも家中に漆喰が塗られていて、調湿をしてくれるのでなかなか結露に至らないようです。

逆を言うとこれだけの漆喰が飽和状態になったときには我が家も結露が起こる、ということなのでしょう。

結露はカビの原因になります。今までの私は毎朝雑巾を持って家中のガラスについた水滴を拭いて歩いていました。

そして、結露はガラスだけではなく、風の通らない家具の裏などにも多く発生します。

漆喰の壁でも風が通らないと結露することがあると聞きます。漆喰も絶対ではないのです。

でも、クロスの壁よりは確実に結露は少ないのでカビを防ぐことができるはずです。

すべてを健康住宅仕様にしなくても、漆喰の壁を使うだけでもかなり違うと聞いています。

健康住宅という概念を持っていてよかったと思える一件です。

Wordpress