Archive for 12月, 2010

12月 1st, 2010

からだに良い材料

無添加住宅の家は化学物質を使わないというコンセプトで建てられています。

オリジナルの材料はすべて自社工場で管理をして、薬剤処理などはせずに高熱で処理した木材を輸入しています。

化学物質を多く含む接着剤を使わないようにするためにフローリングではなく無垢の床材を使いそこからでる化学物質も排除したのだそうです。

壁もクロスを貼るための接着剤を使わなくてもいいように、漆喰という天然素材が使われています。

この漆喰は昔のお城や土蔵に使われていた白い壁と同じものです。実はこの白さが明るさの秘訣なんですね。

お日様に反射して実にきれいで、明るくなります。漆喰にはいろいろな特徴があって、湿度の高いときには湿気を吸収し、湿度の低いときは湿気を放出するという調湿の効果があります。

そして驚くことに汚れた空気を吸ってきれいな空気にしてくれる空気清浄効果もあるということなのです。

これだけ高性能でおまけに接着剤を使わないから化学物質も出さないなんて、優れた天然素材にとても感動しました。

初めてモデルハウスを見に行ったときに感じた空気のよさはこの漆喰のおかげ。

実際にこの漆喰の壁と床材とを無添加住宅仕様のものに変えて建てるだけでも空気がとってもよくなるとモデルハウスに来るお客さんは知っているそうです。

きっと他の人も空気のよさがわかって、気に入って無添加住宅にしようと思ったのだと思います。

私もその仲間になれて本当によかったと思っています。

Wordpress