Archive for 3月, 2010

3月 2nd, 2010

田舎暮らし

家の前(近く?)の道路でよく動物が車にはねられて死んでいます。

今まで住処にしていた山に道路が通って住めなくなり、原因を作ったその道路に迷い出たところを車がはねていく、そんな悲しい光景なのでしょう。

つい、最近、小さな細いヘビが家の目の前で死んでいました。最初はロープかと思いましたが、顔を近づけてみるとやっぱりヘビでした。

何だろうと好奇心旺盛なのはいいけれど、あまり顔を近づけすぎると何であるかを認識した瞬間、ビックリしすぎて腰を抜かしそうです。

そのヘビはそのうちにアリが持っていくかと思ったら、カラスか何かが持っていったのでしょうか。

きれいになくなっていました。

助かった、というのが本音です。

数年前までは野猿が出て人間の被害はないものの、危険なのでこどもがひとりで外歩きしないようにという連絡がまわったりしました。

高崎山には猿がたくさんいて、お金を払ってまで見に行く人が居るというのに、実際近くに出るとこんな事になるんですね。

私も家の外にいる野猿を見たことがありますが、窓が開いていたら怖かっただろうと思います。猿って結構大きいんですよ。

幼稚園児くらいの大きさはあるんじゃないかと思います。動物といえばイタチもタヌキも車にはねられて死んでいるのをよく見かけます。

そんなに田舎に住んでいるつもりはないのだけれど、やっぱり田舎なのかな。

でも、空気が良いところがとても気に入っています。ここに来てよかった、と思います。

本当は人間に必要なモノは道路ではなくてそのまんまの自然なのかもしれません。

気がつくのが遅いと取り返しのつかないことになりそうです。

みんなで努力をしないといけないと思います。

Wordpress