4月 30th, 2016

和室への動線

和室をどのように活用させたいかで間取りも変わってきます。今までは玄関近くに独立した和室を設けるのが多かったです。このような和室は客間として利用しやすいです。家族がくつろぎリビングにお客様をお通しすると、家族がリビングでくつろぐことができませんし、生活感溢れるリビングを見られるのに抵抗を感じる場合もあります。

独立した和室は客間として利用しやすいですし、また宿泊ルームとしても便利です。独立しているのでリビングからのテレビの音や喋り声などを気にすることなく、ゆったりとくつろいでもらえる和室となります。

しかし最近ではリビングに隣接した和室が多いです。このような和室にすることでリビングの延長として和室を多目的に使用できるのです。また家族がくつろぐリビングにより広さや開放感さえ与えてくれます。リビングとの境には建具を設けておけば、シーンによって和室を個室として利用できるので和室の活用法も幅を広げてくれます。独立型の和室にも、リビングに隣接した和室にもどちらにも魅力があります。そのどちらも魅力を手に入れるには和室への動線に注目してみて下さい。

普段はリビングの延長として普段使いできる和室として利用します。しかし時に客間としての和室が必要な場合があります。このような時に対応できるように、玄関から和室への動線を確保しておくのです。リビングとの境の建具でしっかりと区切っておけば、リビングを見られることなく和室を使用できます。和室への動線を2方向から行えるようにしておくことで、より和室が便利な空間になると思います。

3月 15th, 2016

洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。毎日行う家事だからこそ不満やストレスに感じることがないように、しっかりと家事を円滑に進められるように環境を整えておく必要があるのです。洗濯物干し場は今では屋外用だけではダメです。室内用の洗濯物干し場は必須です。

屋外用においても室内用においても、洗濯機からの動線に配慮して設けましょう。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さが増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動するので、できるだけ動線は短くしておきたいのです。洗濯機のあるフロアに洗濯物干し場があるといいと言われています。一番理想的なのは、洗面室を広めに確保し、ここに天井から吊るすタイプの室内用の洗濯物干し場を設けるのです。広さがあればここに衣類を干しても洗濯物を邪魔と感じることなく洗面室を利用できます。そしてここに勝手口を設けてその先に屋外用の洗濯物干し場を設ければほとんど移動することなく洗濯物を干せるのです。

我が家は室内用の洗濯物干し場は雨の時くらいしか利用しません。基本的には屋外用の洗濯物干し場を利用します。屋外用はリビングの先に設けたウッドデッキ部分に設けています。洗面室からも近く、リビングで遊ぶ小さな子ども達を確認しながら家事が行えるのでここでよかったなと思っています。室内用は階段を上がった先の二階ホールに設けました。毎日のように室内用の洗濯物干し場を利用しないので、あえて邪魔にならない空間を利用してここに設置しました。

仕事を抱え忙しいママは夜に洗濯物をするという人も多いです。このような場合は動線が短い場所に室内用の洗濯物干し場があると便利ですが、私のように雨の時くらいしか利用しない人にとっては、邪魔にならずきちんと洗濯物が乾く環境に設ければいいと思います。生活スタイルに合わせて、屋外用と室内用の洗濯物干し場を設けましょう。

1月 25th, 2016

階段下の活用法

二階建てや三階建て住宅を建てると欠かせない存在となるのが階段です。階段を設けると階段下にデッドスペースが生まれます。このデッドスペースをどのように利用するかで住宅の印象も大きく変わってきます。階段下の活用法で一番多いのが収納です。私が以前住んでいた戸建ての住宅も階段下スペースには収納が設けられていました。階段をどこにどのような形で設けるかで階段下の活用法は変わってきます。

最近ではリビング内にスケルトン階段を設けたリビング階段が人気です。階段がリビング内のインテリアの一つのように存在しているこのスタイルは、階段下の活用法が今までは一風違います。階段下にカウンターを設けてパソコンスペースやスタディコーナーとして居住スペースの一部として利用させる方法が人気です。

我が家は廻り階段です。この階段の下にはトイレを設けました。便器を設置している部分の天井は通常の天井の高さより低くなっており、特殊な形状をしていますが、用を足すのに全く支障がなく、むしろ空間を上手に活用させているなという印象を得ます。階段の上り初めからホール部分までの階段下は、トイレの収納スペースとして利用しています。階段下のデッドスペースを余すことなく利用できているので住宅の満足度も高まっています。

私の友人宅は階段下スペースをペットコーナーにしていました。室内で小型犬を飼っている家庭ではペットの居場所もしっかり設けてあげなくてはいけません。このように階段下を大いに利用して暮らしにあった活用法を取り入れましょう。

12月 24th, 2015

食器棚

キッチンに欠かすことのできないものの一つが食器棚です。我が家はこの食器棚を空間にピッタリの造り付けにしたのです。床から天井近くにまで広がる食器棚は、収納力抜群です。この食器棚はスライド式のドアが三枚分の広さがあります。横にも縦にも広さがあるのでキッチンで必要なものをここに一か所で管理できるのです。

まず一面はキッチンパントリーとして利用しています。ここには乾物やレトルト食品、お菓子にお米など食品を大容量に備蓄しています。食材だけでなく、ゴミ袋やキッチンペーパーなどのキッチン用品のストックもしまっています。食器棚と別にパントリーを設ける家庭も多いですが、食器棚にパントリーとしての機能も持たせることで、家事の効率も高まっています。必要な物がサッと取り出せ、調理で活かせるので非常に便利です。

そして隣には一面に食器を並べています。普段使いする食器から、お客様用の食器、またお弁当箱やタッパーまで一面に食器が収納されているので、気分に合わせてお皿選びがしやすくなっています。そして隣にはキッチン家電を収納しています。日々使用する炊飯器や電子レンジはもちろんのこと、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーなど使用頻度の低い家電までしっかりと収納できます。下部にはダストボックスも収納できています。

キッチンを使用しない時や来客時にはすりガラスの扉で全てを隠して収納できるため生活感を感じさせるアイテムを全て目に入れないで済むのでスッキリとしたキッチンが広がるのです。収納力に優れており、必要な物が一か所で管理でき、尚且つ全てを隠せる食器棚に私は大変満足しています。キッチンは女の城とも言われているだけに、女性にとって居心地のいい空間が広がるようにしましょう。

11月 4th, 2015

インナーガレージ

私の主人はガレージを設けるならインナーガレージがいい常に話していました。インナーガレージは車を安心して保管しておくことができます。夏の強い日差しを直接受けることで車の劣化に繋がります。また風やホコリが舞うことで車に小さなキズがつくことがあります。また車上荒らしなど物騒な事件が後を絶たない中、車を安心して管理できる場所というのはしっかりと確保しておきたいものです。車も簡単に買い替えたりすることができないものであるだけにその管理の方法が大切となってくるのです。

そこでインナーガレージは大変有効的なのです。また車の安全性を確保できるだけでなく、車と住宅を繋いでくれるのです。ガレージから室内へ行き来できるようにしておくことで、天候に左右されることなく、車の乗り降りが行えます。玄関からカーポートまでそんなに距離がなくても、強い雨など悪天候時には濡れて不快感が増してしまいます。インナーガレージであれば、雨でも濡れることなく車の乗り降りができるので不快な思いをすることはありません。

また買い物からの帰宅時は荷物が多いです。これらの荷物を室内へ運ぶのもこのインナーガレージであれば負担なくスムーズに荷物を搬入できるのです。車を安全に管理できるだけでなく、我々の暮らしを豊かにしてくれるインナーガレージには魅力がたくさんあるのです。家造りをする上で、駐車スペースをどこに設けるか、インナーガレージを取り入れるかどうかしっかり考える必要があると思います。

9月 4th, 2015

アウトドアリビング

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。横幅のあるウッドデッキはさらに奥行も持たせて広々としたウッドデッキスペースとなっています。このような空間を設けることで、室内と庭を繋いでくれ、室内だけでなく屋外で過ごす魅力もたっぷり感じられる家になるのです。室内の延長としてこのウッドデッキを活用しアウトドアリビングを楽しむ家にするのが、マイホームへ求めることの一つでした。

アウトドアリビングは室内ではない開放感を感じられ、庭の景観を楽しみながら自然と隣り合わせの時間を過ごすことができるのです。このアウトドアリビングをより楽しむために配慮したことは、リビングとウッドデッキにはできるだけ段差をなくしました。フラットにして行き来のしやすさを高めたのです。行き来のしやすさを高めることで、小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来ができるのです。またいつまでもこの空間を大切に感じられるようにもなるのです。

我が家はこのウッドデッキの上に、二階のバルコニーが設けられています。サイズもウッドデッキと同じため、このバルコニーがウッドデッキの屋根代わりにもなるのです。急な雨にも対応できますし、夏の強い日差しを直接受けることもありません。これはウッドデッキを長くきれいに保つことにも繋がるのです。ここのテーブルやイスなどガーデンファニチャーを置き、天気のいい日には食事をしたり、お茶を楽しめる空間となります。このような贅沢な空間があると、心身共にリラックスでき住宅への満足度を高めてくれます。アウトドアリビングを楽しめる家はおススメです。

8月 20th, 2015

あったかい浴室

冬の寒い時期はお風呂に入るのが面倒と感じる人も多いのではないでしょうか。特に一番風呂は一層寒く家族で譲り合いのようになっていませんか?
冬でも寒くない温かいお風呂にすることで浴室の快適性も高まります。特に高齢者にとっては危険が潜んでいる場所でもあります。ヒートショックで命を落とす人も少なくありません。

このヒートショックとは、暖房の入った温かい部屋から急に寒いところに入ることで、急激に血圧が高くなりショック症状を起こすことを言います。浴室で高齢者の事故を防ぐためにも、浴室を寒くしないことが大切なのです。
まず床です。浴室に一歩足を踏み入れた時のヒヤッとした感触が一番風呂を避ける原因となっています。以前はタイル張りで床が冷たかったです。しかし最近のものは床の素材が即主なものになっているので、素足で踏んでもヒヤッとした感触が緩和されているのです。

また一番風呂でも浴室を暖かくするときに活躍してくれる浴室換気暖房乾燥機を設置するのもいいと思います。これは浴室を洗濯物の乾燥に利用する機能もありますが、浴室を温めてくれる機能もあります。この機能を使い、入浴前から浴室を温めておくことで一番風呂でも抵抗なく入れるのです。天井に取り付けるタイプが主流で見た目にも気にならないのも嬉しいです。

また浴室の快適性と大きく関わってくるのが浴槽です。床下の冷たい空気を遮断するとともに、浴槽全体を断熱材で覆い、お湯の温度が下がりにくくなっています。また断熱材が入ったフタを併用することでお湯の暖かさを持続することができます。冬でも早く入りたくなる浴室にしましょう。

7月 9th, 2015

業者との出会い

我が家は現在新築住宅を建設している最中です。家造りは人生最大の買い物です。大きな金額の買い物なだけに後悔や失敗はしたくないものです。家を建てるにあたり、一番重要なことはいい業者との出会いだと感じています。一生に一度の大きな買い物ということでついつい良い物を選択しがちです。

しかしその結果、当初の予算よりはるかにオーバーしてしまうのです。私の周りの新築住宅を建てた友人達も同じような言葉を口にしています。結局最後に行う外構まで予算がまわらず、断念したという人さえいます。このようなことにならないようにしたいものです。

私が依頼した業者は、我々の希望する家をより近い状態にしてくれ、期待以上のものにしてくれます。金額がかさむ変更やプランを提案してくる時には、同時に節約できるプランの提案もしてくれます。このようにしてくれることで予算内で最高の住宅を手に入れることができるのです。
家造りも信頼関係の上に成り立つビジネスです。信頼関係が築けなければ高額の家を購入することなどできません。大手ハウスメーカーから地元に密着した工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び依頼するのは容易なことではありませんが、ここをまず慎重に決めましょう。

印象として大手ハウスメーカーは住宅へのイメージが湧きやすい一方で、利益第一主義の傾向が強いです。モデルハウス維持費や広告費などで坪単価も割高です。工務店は地域での評判を大事にするので、施工はもちろんアフターメンテナンスにおいてもしっかり対応してくれるのです。予算も踏まえてまずは業者との出会いを大事にしたいものです。

6月 15th, 2015

LDK

住宅の中で最も重要となるLDK。以前の日本の住宅はキッチン・ダイニングとリビングは別々の空間として考えられていて、壁や扉で空間を区切って使用していました。しかし最近ではLDKの一体感を高めた間取りが大変人気となり、現在主流のスタイルとなってきています。

キッチンは対面式で吊り戸棚もなくしリビングやダイニングとの空間の一体感を高めます。このようにすることで開放感のあるLDKが広がり、またキッチンで家事をする時間が長くても、キッチンからダイニングやリビングの様子が把握できるので、小さい子どものいる家庭では子育てがしやすく、またリビングやダイニングにいる家族とも顔を見て会話をできることから家事への負担も軽減することでしょう。

LDKの一体感を高めるあまりに、空間が単調になってしまいメリハリのなさを感じてしまうこともあります。ここは家族が集まる場でもありますし、お客様をお通しする空間でもあります。LDKの一体感を高め視界が広く繋がり、空間的な広さを高めオシャレな空間にすると共に、それぞれの空間を緩やかにゾーニングすることも大切なのです。
緩やかに!というのがポイントで扉や壁で区切ると閉鎖的な空間になってしまうので、LDKの一体感はそのままに段差をつけ高低差で空間をゾーニングするといいと思います。

私の友人宅はリビングをダウンフロアにしており、ダイニングやキッチンとの繋がりや開放感はそのままですが、リビングを階段2段分下げることで、空間にメリハリをつけることができます。ダウンフロアにすることで天井が高く感じ、家族団らんの場は開放感がより増します。LDKは開放感を求めるのと同時にメリハリを上手につけることも重要なのです。

5月 22nd, 2015

階段をどう活用するか

住まいを新築する時、その時代の流行りというものがあります。
今までは、玄関ホールから廊下が伸び、その北側に水回りを、南側にはLDKをつくり、その玄関ホールに2階への階段を作るという間取りが圧倒的に多かったです。
しかし、最近は、階段を玄関ホールに設置することにこだわらず、リビングスペースやダイニングスペースに設置するようになりました。
玄関ホールに階段をつけていた時は、その階段下を納戸して利用することが多かったです。

私の友人が住まいを新築した時、家族のコミュニケーションがスムーズに取れるようにと、ダイニング階段を設置しました。対面式のシステムキッチンの向かい側に、ダイニング階段を設置しました。
ちょっとスペース的には贅沢になりましたが、折り返し階段を設置しました。

子ども達が幼いので、安全性を優先しました。
子ども達が幼いと、1日の多くの時間をLDKで過ごします。普段、子ども達のおもちゃや絵本やお絵描き道具などがリビングスペースやダイニングスペースに散乱します。
2階に子ども部屋がありますから、そこに収納すれば良いと思っていましたが、子ども達が幼い時期は、LDKのどこかに収納するスペースが欲しいと思いました。今思えば、階段の蹴込み板部分を引き出しにすれば良かったと思いました。

子ども達はこの階段に座って、絵本を読んだり、お絵描きをした、おやつを食べたりするのが好きです。蹴込み板部分を引き出しにすると、さっと片付けることができます。子ども達が大きくなったら、彼女の趣味のパッチワークに使う大量の端切れを保管する場所としても最適です。ダイニングテーブルで、作業をすることが多いので、ここに収納があると、とても便利です。
階段下は、ほとんどデッドスペースになってしまいますから、もう少しよく考えて、収納できるようにすれば、お片付けももっと簡単になったのにと反省しています。

Wordpress